« 2004年7月 | トップページ | 2005年6月 »

2004年8月の2件の投稿

ホテルの客室から観た花火〜その3

第3弾は、ちょっとズッコケ編です。(^^;

写真は、セルリアンタワー東急ホテルの客室から望んだ、神宮外苑の花火大会です。


※あまりに小さいので拡大してみました。(^^;

ちょうど、バスタブの窓から真正面に、青山パークタワー(高級高層マンション)の向こう側に見える感じとなりましたが、実際にホテルの窓から望んでみると、予想外にとても小さく遠かったです。都心のどまん中での打上げという事で、保安上、打ち上げられる玉がもともと小さい(=打上高さも低い)上に、地図で後から調べてみたら、打上会場から約2.5km近く離れてました。(^^; (地下鉄で2駅の距離なので、もっと、近いものだと勘違いしておりました。)

花火は、レモンイエローやサーモンピンク、水色など、パステル色のものが度々登場して、色はとても綺麗でしたけど、小ぶりのものをボカスカと早打ちし続けるスターマインが何度も登場したため、プログラムとしては面白みを感じられず、途中で飽きてきてしまいました。(^^;;
この大会は、やはり入場料金払って、球場でコンサートを楽しみながら、盛り上がった気分で花火を見上げるのが良さそうですね。(^^)

花火鑑賞についてはちょっと残念でしたが、ホテルのお部屋そのものは、普通の週末と変わらぬ料金で宿泊でき、さらに新宿の摩天楼や六本木&東京タワーの夜景がとても綺麗に見える位置にあり、居心地もよく大満足でした。(^^)

ところで、翌日の夜、同じお部屋からお台場方面を眺めたら、そちら方面に花火があがっている事に気づきました。
あれは、TDRの花火かしら?(・・・でも、それに気づいたのが8:25頃で終わったのが8:30頃だったような気が。)


※この時の詳細な宿泊記はこちらで公開中です!

| | コメント (2)

ホテルの客室から観た花火〜その2

さて、第2弾 (って、第3弾はあるのか不明ですが。(^^;)は、調布市主催の花火大会。都下の大会ですが、約1万発と規模はそこそこ大きな大会です。

007.jpg
※客室から見えた第2会場の花火

これまでは、多摩川の稲田堤側の土手に座って、屋台のたこ焼きなどを食べ、うちわを扇ぎながら花火を見上げるのが恒例でした(^^;)が、今年はちょっと変化をつけて、調布駅前の、「調布クレストンホテル」の客室から望んでみました。宿泊プランの中身やホテルの客室の様子は、また別の機会に宿泊記を書いてみようかと思いますが、横長にワイドな窓からは、第2会場(布田会場)の花火が良く見えました。
名物の尺玉100連発や、最後の錦冠の大スターマインは、それなりに迫力を感じる事ができましたし。(^^)

011.jpg
※横長ワイドな窓


一方で、第1会場(多摩川会場)の方は、もともと打上げの高さが全体的に低い花火が多い上に、東急ストアの屋上の看板が邪魔をして、下の写真の右側のように、あまりよくは見えませんでした。(^^; 調布の大会の場合、第2会場の花火の方が、どちらかといえば、変化に富んでいて、且つスケール感や華やかさも感じられるので、個人的には、今回のように第2会場の方がまともに見えれば、もう満足でしたが。

010.jpg
※左が第2会場、右が第1会場

窓越しに、会場から少し離れたところから花火を望んでいたわけですが、打上プログラムはホームページ上に公開されてましたし、客室内では、嬉しい事に、この花火大会を生中継放映しているケーブルテレビのローカルチャンネル(=調布・世田谷地区のローカル局)を無料で観ることができました。
その為、アナウンサーによる花火の解説や、打上会場で流れている音楽(=途中で音楽と花火のコラボレーションのプログラムがあったので)までもバッチリ楽しむ事ができ、また、客室からは見えない河原の仕掛け花火(=「ナイアガラの滝」)もテレビで観ることができて、かなり恵まれた環境で花火を楽しむ事ができました。(^_^)v

012.jpg
※第2会場のラストの大スターマインは、このようにド迫力!感動で体が震えてました♪


※この時の詳細な宿泊記はこちらで公開中です!

| | コメント (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2005年6月 »