« ホテルの客室から観た花火~その18 | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その20 »

ホテルの客室から観た花火〜その19

第19弾は、2007/8/11に開催された、東京湾大華火祭。
『ザ・プリンス パークタワー東京』から望みました。
天候や風向きにも恵まれ、今年、もっとも満足した花火です(^o^)♪

この花火大会、過去2年ほど連続して、ホテルの客室から観覧してましたが、今年は、久しぶりに、観覧会場のイス席から数名のグループで望む予定でおりました。
7/1の発売日に、人数分の観覧席チケットを入手し、行く気マンマンo(^o^)oでいたのですが、何故か一部メンバー間で連絡ミスが発生し開催日が間違えて早く伝わったらしく、最終的に都合がつくのは私と女友達の2名になってしまいました。(^^;ガガーン

そんなわけで、2人なら、ゆったりとホテルの客室から観覧して、そのまま泊まるのもいいわねーなんて話が出てきて、結局、7月中旬になってホテル探しを開始。
・・・・といっても、周辺ホテルは、もうとっくに予約満杯状態ですから、空きはないだろうなーと思っていたら、2箇所ほど、まだ空きがあるのを発見!(^o^

1箇所は、昨年、初滞在&花火観覧を楽しんだ汐留の『コンラッド東京』。(昨年の観覧記はこちら
しかーし、花火宿泊プランの値段の上昇ぶりがすごーーーいっ☆
2連泊+シャンパンサービス付き限定プラン で、一番安い海側のお部屋でも19万円から・・・って、ムリムリ(^^;

そして、もう1箇所は、芝公園の『ザ・プリンス パークタワー東京(旧 東京プリンスホテル パークタワー)』に最近新設された、レディスフロアのレインボーブリッジ側の客室から望める宿泊プラン。
この客室のラックレートの価格(47000円)で予約可能でした。

今回は女性2名ですし、バルコニーから望めるなら尺玉の破裂音が楽しめますし、レディスフロアは28Fなので一昨年に同ホテルにて観覧滞在した時よりもさらに高いところから花火が望めますし、レインボーブリッジも綺麗に見えそうですし、「コレいいじゃん」・・・という事で、この宿泊プランを利用する事に決定し、予約を入れたのでした。

実は、『コンラッド東京』と『ザ・プリンス パークタワー』は、周囲に建つビルなど視界の広がりの違いから、花火の見え方の印象はずいぶん違いますが、打ち上げ場所からホテルまでの距離の比較では、2つのホテルは、ほぼ一緒なのですよね。


・・・・というわけで、大会当日(快晴&猛暑な日でした)、アサインされた客室は、28Fにあるレディスフロアのレインボーブリッジ側の、バルコニー付きのツインルーム。

客室に到着すると、さっそくレディスフロアの宿泊特典である、ウェルカムスイーツとして抹茶ロールが配膳され、さらに、客室内ではフットマッサージ機や空気清浄機が置いてあり、ミニバーではコーヒーマシンが置いてあり、コーヒーや紅茶が無料で飲めるようになっており、バスルームには くるくるドライヤー や油とり紙、さらにブロワーバスにはブックスタンドが設置されていたり・・・と、一般の客室とは異なる備品が置いてあったりサービスがなされており、滞在中、とても快適に過ごせました。

そして、バルコニーのある窓からは、一昨年の花火観覧時(観覧記はこちら)とほぼ同じ景色が望めま・・・・と思ったら、ガガーン、近くに新しい高層マンションが1つ増えていて、晴海会場の目の前の低い位置に打ちあがる花火は、もはや見る事が出来なくなってしまいました。(^^;

一昨年の見え方
(2つのビルの隙間のピンク色の部分に、晴海会場の目の前の低い位置にあがる花火が見えていた。)
   ↓

今年の見え方
(隙間だった部分に、新しいマンションが・・・・涙)
   ↓

ただし、それ以外は特に視界を大きくさえぎるビルは増えておらず、ホッとしました。

さて、夜の花火ですが、今年は第20回大会・・・という事で、プログラム構成にも例年にも増して凝っているようでした。
大玉を打ち上げる台船も、今年は1つ増やす予定・・・と、新聞に出てました。
主会場では、芸術玉をひとつひとつ作者名と玉名を紹介しながら打ち上げ・・・などもされていたようです。
プログラム終盤には、尺玉の連続打ち上げも行われました。


尺玉以上のサイズになると、こんな感じに大きく見えました。

そんなわけで、バルコニー側の窓を開け放ち、空中での、時にはお腹にひびくような豪快な花火の炸裂音を楽しみながら、窓辺のイスに座りながら座りながらゆったりと観覧しました。

今回は西側方面から花火を観覧した感じでしたが、この日は適度に南風が吹いていたので、煙は左後方に流れている感じで、花火は早打ちされた時なども、煙が目の前に滞留する事は全くなく、花火を終始、綺麗に眺める事ができました。


以下が動画です。


※今回、ISO値&焦点固定にしてみたら、全体的に少し暗く撮れちゃいました。(^^; 実際はもっと明るく見えました。

まずは、序盤から中盤までの一部。(約2分17秒)

ノートパソコンを持ち込んでいたので、大会中は、晴海会場に花火師の方をゲストに招いて実況中継されたラジオ局の番組がネット配信されており、それを聞きながら、プログラムの進行状況などを知る事ができました。(少しだけ、音や解説にタイムラグがありましたが。)

また、動画を再生するとわかりますが、近隣の客室の家族連れの宿泊客などの歓声も、よく聞こえてきました。
小さな子供が感動して、すごいすごいと大きな叫び声をあげているのが印象的でした。(^_^

そしてこちらが、終盤からラストまで。(約2分36秒)

大玉の早打ち中に、海上の高さで大玉が1つ炸裂(動画の0:40あたり)しているのには、びっくりしました。
(この大会では、珍しい?)

今回の観覧が、たぶん、今年最後の客室からの花火観覧だと思います。
打ち上げ内容に華があり、打ち上げのテンポもゆったり感があって心地良く、風向きに恵まれ、最後までとてもとても満喫できました。

満足満足♪(^_^

おわり

|

« ホテルの客室から観た花火~その18 | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルの客室から観た花火~その18 | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その20 »