« ホテルの客室から観た花火~その31 | トップページ | 琉球海炎祭 2009 (2) 花火イリュージョン(写真編) »

琉球海炎祭 2009 (1) 会場の様子&沖縄芸能の鑑賞

今回は「ホテルの客室から観た花火~その32」の記事になる可能性もあったけれど、結局はイベント会場に入場して観た花火・・・についての記事を3回に分けて連載します。

★連載その1:ホテル・会場・沖縄芸能の鑑賞の様子
★連載その2:花火イリュージョン(写真編)
★連載その3:花火イリュージョン(音楽付きビデオ編)


2009年4月に、約2週間かけて、沖縄県内を旅行しました。

計画を立てる段階で、すでに何箇所かのリゾート地での滞在は決めていたのですが、旅行期間中に、沖縄県内で何かお祭りなどのイベントをどこかでやっていないかしら・・・と調べているうちに知ったのが、宜野湾海浜公園で4月18日(土)開催予定の、「琉球海炎祭 2009 ~日本で一番早い夏の大花火」。

宜野湾市のトロピカルビーチの海開きの前夜祭のイベントのようなのですが、何と、私の大好きな花火がビーチで約10000発も打ちあげられるとの事。\(^_^)/

しかも、約1時間の間ずっと、音楽の曲に合わせてプログラミングされた花火が打ち上がる「花火イリュージョン」が、花火のメインである事を知り、すぐに、強い興味を持ってしまいました。(^_^

・・・・で、さっそく、琉球海炎祭の会場であるトロピカルビーチから、最も近いホテル「ラグナガーデンホテル」の、花火の打ち上げが見える方角の客室をリクエストして予約を入れたのですが・・・結果的には、当日、花火はホテルからではなく、イベント会場内に入って、観てしまいました。A^_^;)

イベントは「小雨決行」・・・と、なっていましたので、もしも雨が降った場合や旅行疲れが出ている時には、ホテルの客室のバルコニーから花火を眺めよう・・とも考え、ホテルの予約はそのままにしておいたものの、やはり「音楽に合わせて打ちあがる花火」が見どころのイベントなので、可能な限りは、会場内まで足を運んで、音楽に包まれながら、花火を観覧したいなーとも考えたからです。

そんなわけで、旅行を出発する前に、琉球海炎祭の入場券(ローソンチケットで入手可)を入手しました。
当日様子見しながら、結局は、会場内で鑑賞する事したのでした。

ちなみに、ラグナガーデンホテルからの花火観覧に興味ある方の為に情報を記載しますと・・・

▼ホテルと花火会場の位置関係

会場周辺の道路は、花火終了後大混雑しましたので、花火終了後に、約10分でホテルの客室に到着して、すぐに体を休める事が出来た・・・という、そのホテルの立地は、とてもありがたかったです。

▼ラグナガーデンホテルの本館の一部

ホテルには、本館とイーストウィングがあるのですが、窓(バルコニー)から花火の打ち上げ場所が見えると思われる客室は、本館の一部の客室。
本館は、3方向に客室が配置されてますが、そのうち2方向分の客室からは、よほど低層階でなければ花火が見えると思います。

花火が見える方向には、本館のモデレートツイン(35平米)や、セミダブルがある (その他、スイートは未確認)と聞きました。
ただし、モデレートツインを予約しても、ホテル側の都合でデラックスツインにアップグレードされていまう等で花火が見えなくなる可能性もあるという事で、花火観覧を希望される方は、その希望もしっかり伝えながら予約をされた方が良いと思います。

▼今回滞在した、本館のモデレートツイン(35平米の方)。
「花火が見える方向」をリクエストしてありましたので、バルコニーから花火が見える客室となってました。
(ただし、花火会場まで少し距離がありますので、風向きに恵まれない限りは、音楽は聞こえないと思います。)

今回、私は、客室からは花火を観覧してませんが、ラグナガーデンホテルの公式ブログに、当日、ホテルから見えた花火の様子が写真付きで記事になっていますネ。 (→ 記事はこちら

▼花火の会場(入場券を購入して入れる区域)は、下図のあたり。

▼こちらが、会場内の詳細図。

図の詳細が見えづらいかもしれませんが、今回の「琉球海炎祭」のメインスポンサーは、JALとAU。

・・・という事で、

⇒ 右上の朱色っぽいところが、JALの招待客のエリア
⇒ 左のオレンジ色っぽい4区画が、AUの招待客のエリア
⇒ ピンク色の3区画が、一般協賛エリア
⇒ うす紫色の部分は、ローソンチケットで入場券を買った方用の有料観覧エリア
⇒ その他、A席・S席・SS席と記載されているのは、入場券に加えて座席券を購入した方向けの座席。
⇒ ご招待席・・とあるのは、米軍関係者などが座ってました。
⇒ 緑色のエリアは、芝生になっていて、一部では沖縄芸能が披露されていました。
⇒ 左下の方では、屋台が沢山並んでました。

▼こちらがJALの招待客エリア

実際には、ほとんどが、各旅行会社が主催する、JAL便を利用したパッケージツアーを利用中のお客さん向けの座席・・・となっているようでした。

▼手前に、A席エリア(座席)、その向こうに一般協賛エリア(砂浜)

右前方に、大型のスピーカー。(ここから、音楽がガンガン聞こえてきました。)
その向こうに、花火の打ち上げ場所となっていた出島。

▼テント屋根下にSS席(座席)、有料観覧エリア(階段の付近)、一般協賛やAUの招待客用エリア(砂浜)

・・・で、当日は、15時開場 (花火イリュージョンは20:00~)・・・となっていたので、まずは会場内の様子見をしに、一度会場に開場直後に入場してみました。

そしたら・・・何と、入場口付近から、道の両側に列をつくった子供たちが、エイサーの踊りで、入場者をお出迎えしてくれました。!\(^_^)/
全部で、100人くらい居たのではないかと思います。

こんな、ちびっこたちまで・・(^_^)

衣装をつけて踊ってる姿がかわいい~(*^_^*)

このお出迎えの踊りは、開場時間から10分程度のみ行われたようです。早く来てみて正解。(^_^


さらに、「沖縄芸能の披露」という事で、夜に「花火イリュージョン」が開始されるまでの間、会場内の芝生広場では、迎恩連という団体により、エイサーや獅子舞の踊りが3回(各30分)披露されていました。

実は、「おきなわワールド」や「琉球村」でエイサーの踊りを見て、すっかりエイサーの魅力に取り付かれてしまい、タクシーの運転手さんに「他にエイサーショーをやってるところはないですか?」「うーん、お盆の時期に沖縄に再訪してもらわないとー」なんて会話を交わしていたばかりでしたので、こちらの会場でエイサーショーを見物できる機会に再度恵まれて、本当に嬉しかったです。\(^_^)/

同じ子達が30分x3回公演をやってるようでしたので、踊る方としては、体力的に、かなり大変だったと思いますが。若くても足腰のフォームや動きがとても綺麗に決まっている子も居て、すごいなーと思いながら観てました。

こちらが動画。

・・・ところで、この動画の中で出てくるエイサーの踊りに使われている曲目。
1曲目は日出克さんの「ミルクムナリ」とわかったのですが、2曲目の曲目がまだわかってません。(^_^ゞ
もし、お分かりの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さいね。o(^o^)o

・・・というわけで、「花火イリュージョン」が始まるまでの間、芝生広場で沖縄芸能の鑑賞を楽しんだり、出店でいろいろと買い食いしたり、一旦ホテルの客室に戻って休憩したり・・・しながら、夜までのんびり過ごしました。

実は、ひとりで花火会場で花火見物・・・というのは、初めての経験でしたので、会場に入場する時は少々ドキドキしてましたが、場所とりして、そこでそのまま何時間もじっと座りながら待つ・・・という状況にはなりませんでしたので、退屈せずに済みました。(^_^

周囲を見渡すと・・・想像していたよりは、ひとりで観にいらっしゃってる方も多いと思いました。


▼浜辺では、綺麗な夕日を見る事ができました。(^^)


写真は、18:50頃

▼花火イリュージョンが開始する約15分前は、こんな感じ。

連載その2(写真編)につづく

|

« ホテルの客室から観た花火~その31 | トップページ | 琉球海炎祭 2009 (2) 花火イリュージョン(写真編) »

コメント

まかびさん、はじめまして♪
書き込み、ありがとうございます。(^^)

そうですかー、まかびさんは、当日、エイサーの演目に那覇から出張して出演されていらっしゃったのですか!
当日、本当に皆様のエイサーの踊りがすばらしく、とても魅了されておりました。σ(^o^)
なかなか、沖縄の再訪が出来ておりませんが、その後7月に東京・新宿で行われた「新宿エイサー祭り」にも、エイサーを観に行きました。σ(^o^)

> 今後も県内に限らず、県外にも範囲を広げていきたいと思っております。

今後のご活躍を、陰ながら応援させて下さい!
またどこかで、まかびさん、及び「まかんちゅ太鼓」さんのエイサーを拝見できる日を、楽しみにしております。o(^o^)o

投稿: らむ | 2009/08/23 19:08

こんにちは!まかんちゅ太鼓といいます。主に那覇を中心に活動をしています。海炎祭2009にも出演しました。今後も県内に限らず、県外にも範囲を広げていきたいと思っております。よろしくお願いします。shoe

投稿: まかび | 2009/08/19 18:59

おぎママさん、はじめまして。

迎恩連の方に記事をご覧いただき、また書き込みをいただけるなんて、とても嬉しいです。ありがとうございます。

琉球海炎祭当日は、会場への入場の瞬間から芝生広場での芸能披露まで、本当にエイサー見物を楽しませていただきました。少しずつ現代風なアレンジの音楽を取り入れつつも、昔から伝わる踊りを子供たちとともに大事に継承されている皆様のお姿、とても素敵でした。(^^)

そして、動画2曲目の曲目と歌い手さんの情報、ありがとうございます!教えていただいて、びっくりしております!

実は、沖縄本島の旅行後、宮古島に渡ったのですが、そこで、偶然、下地暁さんのライブを拝見する機会に恵まれたのです。とてもいい声をしていらっしゃる方だなーと思ってましたが、そうでしたかー。この方が歌っていらっしゃいましたかー。人物と曲が結びついていませんでしたが、とても親しみを覚える、素敵なアレンジですね。
お盆のみならず、10月にもエイサーを楽しめるイベントがあるのですね!いつかそちらも、観に行ってみたいです。
書き込み&情報ありがとうございました。(^^)
「迎恩連」さん、そして「いーま太鼓 響」さんのさらなるご活躍を、お祈りしております。

投稿: らむ | 2009/06/15 02:18

動画拝見しました。当日エイサーを演舞をしていた団体の世話人をしています。エイサーに興味を持っていただき感謝です。踊っていた「迎恩連(げーおんれん)」は9箇所の団体が加入し、個々の団体以外に迎恩連オリジナルの振り付けでイベントに参加しています。ちなみに私が所属しているのは「いーま太鼓 響」です。娘がエイサー大好きで、親子で頑張ってます。動画2曲目は、下地暁さん(宮古島出身)の曲で「豊年のあやぐ」という曲です。4・5年前に「琉球の祭典」で振り付けされた曲です。ちなみに「琉球の祭典」は今年10月25日(メインパレード)があります。 

投稿: おぎママ | 2009/06/13 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルの客室から観た花火~その31 | トップページ | 琉球海炎祭 2009 (2) 花火イリュージョン(写真編) »