« 琉球海炎祭 2009 (1) 会場の様子&沖縄芸能の鑑賞 | トップページ | 琉球海炎祭 2009 (3) 花火イリュージョン(動画編) »

琉球海炎祭 2009 (2) 花火イリュージョン(写真編)

琉球海炎祭 2009の鑑賞記 連載第2回目です。

連載第1回目: 琉球海炎祭 2009 (1) 会場の様子&沖縄芸能の鑑賞は、こちら


今回、長旅中のイベント立ち寄り・・・なので、花火の撮影機材をどうしようか・・・と悩みました。

いつものように、デジカメ(Canon IXY Digital 800IS) with NDフィルタセット &小型なビデオカメラ(SANYO Xacti HD1000) & 三脚2本を準備したとして、それを2週間分の衣類などが入っているスーツケースに入れてずっと持ち歩くと、重量的にかなり負担になります。
ビデオ+三脚のセットは、あきらめた方がいいかなー?と。

しかし、今回のメインは、音楽付き花火なので、やはり動画も撮りたーいっ!って事で、小型なビデオカメラ+三脚2本は、自宅から宅配便で、ホテルの客室へ直送する事に。(^^;
撮影翌日には、お土産品等も同梱して自宅にまた返送しました。v(^_^)

・・・という事で、まずは写真。(^^;


今回座ったところは、会場内で、打ち上げ場所から約170m。


会場に入って、想像以上に「近っ!」とびっくりしてました。

(もしも、砂浜に座っていたら、150m以下の距離かも)

広角端が35mm相当のIXY Digital 800ISでは、花火をフレーム内に収めきれないのは予測できてましたが・・・見事に両端が切れてますね。(^^;

会場では、ワイドに4~7箇所から打ち上げてましたので、本来は、今回撮れた写真の2倍くらいの幅はあったと思います。

それぞれの音楽にあわせ、とても、ノリノリな気分で、シャッターを切ってました。(^_^

一番最初の写真は、Van Halenの「Jump」のシーンですね♪

お次は、コブクロの「虹」のあたり?

幅が足りてないので、こんな風に、中がすっぽり抜けちゃったような写真も。(^^;

この、オレンジとグリーンの光の塊がドサッと降ってくるシーンは、とても綺麗で「豪華絢爛」な感じがしました。

下の2枚は、カチャーシーで小躍りしたくなるような音楽&花火で盛り上がりを見せたシーン。

今回は、司会者としてフリーアナウンサーの宮城麻里子さんと、吉本芸人の空馬良樹さん、そしてゲストとして假屋崎省吾さんと、砂川恵理歌さんが登場され、打ち上げプログラムの合間におしゃべりもけっこう入りましたし、音楽に合わせた打ち上げ花火は、音楽のフレーズが繰り返されれば、花火も同じようなものが繰り返される・・・という事で、普通の花火大会に比べると、遠くから(会場の音が聞こえない状態で)花火を観覧した場合には、もしかすると「間延びしている、打ち上げ内容が、時々単調気味になる」という風に感じられるかもしれませんね。

そういう意味では、会場内に足を運んで、めいっぱい音に包まれながら花火を観て楽しめて、良かったなーと思っています。

・・・・という事で、ぜひ、次回の連載の「音楽付き花火動画」で、音楽と花火が見事にシンクロしている様子も、合わせてご覧下さい。(^^)/

連載その3(動画編)につづく

|

« 琉球海炎祭 2009 (1) 会場の様子&沖縄芸能の鑑賞 | トップページ | 琉球海炎祭 2009 (3) 花火イリュージョン(動画編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琉球海炎祭 2009 (1) 会場の様子&沖縄芸能の鑑賞 | トップページ | 琉球海炎祭 2009 (3) 花火イリュージョン(動画編) »