« ホテルの客室から観た花火~その34(前編) | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その35 »

ホテルの客室から観た花火~その34(後編)

さて、汐留のホテル「コンラッド東京」の客室から観覧した、東京湾大華火祭の花火。

記事の前編では、観覧に利用した客室をご紹介しましたが、後編では、いよいよ、観覧した花火の様子を。(^^)

実は、予約を入れて以来、ずっと心配していた事。
それは、当日の天候と風向き。

コンラット東京は、「東京湾大華火祭」の花火の打ち上げ場所に対して、北北西の位置にあります。
(下の地図の赤い線

その為、夏に吹く風の方向を考えると、風下となって煙がこちらに流れてくる可能性が、決して低くはない場所なのですよね。(少なくとも、お台場地区のホテルなどに比べたら、風下になる確率は何倍も高いのでは・・・と。)

ちょうど一週間前に観覧した神奈川新聞花火大会では、久しぶりに、モロに風下で視界不良の観覧となってしまっていた(^^;ので、余計に2週連続の不運にはなって欲しくない・・・と願っておりました。

結局・・・・花火が打ち上げられた間、風は、主に西の方向へ吹きました。
下の地図で、紫色の矢印の方向です。日の出会場(観覧場所)や芝公園、六本木ヒルズ方向が、今年は観づらかったのではないかと思います。


より大きな地図で コンラッド東京と東京湾大華火祭 を表示

そんなわけで、当日は、多少上空に湿り気はあったり、背後に薄っすらと雲が出て居ましたが、風向きがそれたおかげで、比較的クリアに花火を楽しむ事ができました。o(^o^)o

ところで、これまで、私は大きな撮影機材を、持ち歩きたくない事を理由に、この4月の花火観覧までは、CanonのIXY Digital800ISに小細工をして、花火観覧時の撮影をしてきました。

しかし、今年に入って、小型軽量な一眼デジカメが登場したので、バルブ撮影での花火撮りを目的に、レリーズケーブルとともに、一眼デジカメを1台購入してみました。
機種は、宮崎あおいちゃんがCMをやっている、OLYMPUS PEN E-P1です。

Olympus PEN E-P1
※1本だけ、Panasonic製の望遠レンズが混じってます。A^_^;)

結果は・・・まだ私の撮影技術が未熟(^_^ゞ・・というのもあると思いますが、IXYでの撮影時と比較して、花火写真の美しさに劇的な差が出たような印象は、まだありません。

しかし、IXYと比較して、バルブ撮影&ノイズリダクションOFF撮影できるようになったので、制約なく、自分の好きなタイミングで、好きな長さ&回数だけシャッターを切れるのは嬉しいですね。撮影している枚数がこれまでと比べて倍増しているような気がします。

さらにRAW撮影する分、露出設定をこれまでほど細かく気にしなくて良いですし、レリーズケーブルも使えるので、目の前に打ちあがる花火から、ほとんど目を離さずに済むようになったのも、ありがたいです。o(^o^)o

そんなわけで、これまで以上に、花火観覧に集中しつつ、軽快なリズムでの撮影を楽しみました。(^^)

ただし、IXYと比べて不便な事も1つありました。
コンパクトデジカメでは、とても簡単に、「遠景(無限遠)」にピントを設定できるのですが、今回のような、(廉価なAFレンズを装着している)カメラでは、無限遠にあわせる為の印がレンズ側になく、「(花火打ち上げ開始前までに)MFモード時にピントを無限遠にあわせておく」事が難しく、ちょっと苦労するところも。(^^;
(最初に打ちあがった花火=ピントあわせに利用)

そんなわけで、今回は掲載する花火写真も、いつもより少し多めになってます。(^_^

▼特に、こういう写真は、バルブ撮影で好きな時間の長さの撮影が出来るようになった事による成果かも。

▼この花火は特に印象的でした。

▼拡大してみました。

▼最後の方になって、風向きがややこちらに向いてきて、哀しくなりましたが・・・

▼まだ少し煙たいけど・・・何とか終わり間近には、こんな写真も撮れました。o(^o^)o

▼終了直後です。
街灯りに照らされた雲や空気の湿気で、何となくすっきりしない印象を受けるものの、それでも夜景も綺麗でした。

・・・という事で、2年ぶりの「東京湾大華火祭」。観覧も撮影も楽しめました。\(^_^)/

ところで、2016年のオリンピック開催地が東京に決まった場合、来年以降の東京湾大華火祭が、どのように開催されるのかが気になります。
(メインスタジアム建設予定地は、これまで花火大会の主催者である中央区が、地元区民の為に確保してきた巨大な観覧会場のあたりなので・・・スタジアムの建設が始まったら、観覧場所の確保はどうなるのかしら?)

何とか、来年以降も、大会が継続して開催される事を願ってます。σ(^o^)

|

« ホテルの客室から観た花火~その34(前編) | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その35 »

コメント

中野跳輔さん、コメントありがとうございます!

はい、PENのシステムそろえて、時々本体をカラフルに(青・赤・緑・ゼブラなど)着せ替えしながら、楽しんで使ってます。(^_^

おっしゃるようにシステム一式持ち歩くのは重くて、特に望遠レンズを装着した時は首にずっしりと重さが感じられて、なかなか普段使いに気軽に・・とは行きませんね。まだまだコンデジの出番も多いです。(^^ゞ

花火の写真お褒めいただき、ありがとうございます。まだまだ未熟な写真が多いですが、早くバルブ撮影の間隔を体で覚えて、いい写真が撮れるようになりたいです。

まだ海も撮った事ないのですが、どんな色に撮れるのか、今からとても楽しみです。

> 次のレンズ計画は、9-18mmでしょうか?。

はい、とても欲しいです。それと、Olympusの14-150mmのもPanaより軽く小さそうなので、やはり欲しいです。でも、今月、ミラコスタに2泊しちゃったので、購入計画は少し遠のいてしまいました。(^^;

> 僕も数少ない"Zuiko族"なのでこれからもよろしくですよ!^^。

そうでしたかー。Zuikoといえば、Zuiko Digital ED12-60mm F2.8-4.0 SWDというレンズにも興味を持ったのですが、店頭でPENに装着してみたら、大きすぎてあきらめました。(^^;

今後とも、Zuiko仲間として、情報交換がいろいろ出来れば嬉しいです。(^^)
それでは、また!

投稿: らむ | 2010/04/26 02:03

すごい!。
デジタルPENのシステム、ずいぶん揃えましたね!。
持ち歩くと結構重いかな?。
でも、その重さの分、表現豊かな写真をGETできますね!。

花火の写真、素晴らしい仕上がりじゃないですか!。
手振れもないし、力強い火のパワーと美しさを感じます。
いやー、プロなみ!!。

らむさんのサイトで、「ホテル窓から見た花火の壁紙コーナー」とかあったら、人気でそうですね!。

次のレンズ計画は、9-18mmでしょうか?。
僕も数少ない"Zuiko族"なのでこれからもよろしくですよ!^^。

投稿: 中野跳輔 | 2010/04/21 06:56

あかりどんさん、こちらもコメントありがとうございます!

そうなんです。今年あかりどんさんにとって(風下で)残念な花火鑑賞だったと思いますが、実際には現地でとても綺麗に打ちあがってましたので、今回の事に懲りず、ぜひぜひ来年以降、また花火鑑賞にトライ下さい。(^^)

それから、このベイビュースイート・・・どうやら、キングベッドのベイビュースイートの一部がこの角部屋に配置されているようです。(ツインの設定はない)

望遠鏡・・・今回の滞在中は遠くは曇っちゃっていたのですが、近くの花火観覧会場を眺める程度でした(^^;が、この客室からは、晴れれば遠くは房総半島まで見渡せるそうで。

投稿: らむ | 2009/09/06 19:21

花火の写真きれいですね。当日の花火はこのような感じだったのかと、感慨深く、そして楽しく拝見させて頂きました。このスイートの部屋、他の部屋とずいぶんイメージが違いますね。望遠鏡がある部屋とは、遊び心を感じました。

投稿: あかりどん | 2009/09/06 05:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルの客室から観た花火~その34(前編) | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その35 »