« 2009年9月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年6月の2件の投稿

ホテルの客室から観た花火~その36

自分達の毎年の恒例行事のようになっている、横浜開港祭の花火(ビームスペクタクルinハーバー)の鑑賞。

今年も、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの客室から鑑賞する機会に恵まれました。(^^)

■過去の観覧記は、こちら:
2005年6月: 初日 (A)2日目 (A)
2006年6月: 初日 (B)2日目 (A)
2007年6月: 2日目 (B)
2008年6月: 初日 (C)2日目 (C)
2009年6月: 2日目 (A)

(A) ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
(B) 横浜ロイヤルパークホテル
(C) パンパシフィック横浜ベイホテル東急

昨年は、開港150周年を記念して花火が増量していたりしてましたが、今年は元通りの3000発。


予約できた客室は、海側のデラックスルーム。17階~26階に配置されている客室タイプです。

室内の設備は全体的にやや古い感じですし、シャワーブースもない客室ですが、今回は、花火の観覧が主目的なので、気にしませんでした。

週の半ばの平日開催・・・という事で、比較的簡単に、室料¥14,400.-と、いつもの平日料金に近い価格で、予約を入れる事ができ、ラッキーでした。

この日は、快晴\(^_^)/

横浜開港祭 恒例の 艦艇パレードも、客室から見物する事ができました。

今年は高層階の客室でしたので、臨港パークの特設ステージ方面もよく見えました。
風向きにも恵まれ、窓をあけていれば、臨港パークのステージで行われたコンサートなどの音もよく聞こえてきてました。

今年は、花火の台船2つは、このような配置に。

チェックイン直後に見た時には、台船はまだ2つ繋がっていて・・・

無理やり拡大してみたら、こんな感じでした。

さてさて、夜の花火。

開催年によっては、空が湿っていたり、どんよりしていたり、風が強くて花火の形が崩れやすかったり、風が弱くて煙が溜まりやすかったり・・・とありますが、今年は、湿り気も風の強さや方角も、かなりいいコンディジョンでの鑑賞だったのではないかと思います。

・・・なのに・・・・・なのに・・・・・涙

夜になって、目立つようになったのですが・・・窓の外側が汚い。(^^;
小さな、白っぽい無数の点状の汚れが、窓一面にこびりついて・・・(^^;

さらに、今年は運が悪い事に、地上に、このイベントの為に特設された照明の一部が、ホテルの海側の客室の表面をずっと照らしていて、夜になって室内から見た時に、この窓の表面上の汚れが、より際立っちゃったのでした。

特に、下方面(ぷかり桟橋)の方角を見ると、汚れが目立つのでした。

汚れが目立つ照明はホテルにとっても予想外でしたでしょうし、今回は+αの金額が上乗せさせるような高額な花火専用宿泊プランではなく、平日並みに格安に泊まれたので、ホテルに窓の外側の汚れについてクレームのつけようもないですし・・・仕方がないのかなーと思いつつも、とても残念!(^^;

そんなわけで、ISO100の低感度で撮影した花火写真も、すべて、何となくノイジーな写真になっちゃってました。(^^;

ホテルの客室からの観覧・・・・ならではの写真ですね。(^^;

今回は、広角レンズを使ってみたので、こんな風に、横位置に向けると、臨港パークのステージと花火2箇所も一緒に納まりました。v(^_^)v

風向きに恵まれ、花火打ち上げ中のBGMも、よく聞こえてきてました。

あとから、動画などをみても思いましたが、ほとんどの場合、左右の台船で、大小の花火の開花のタイミングをあわせるように打ち上げてるわけではないのですよね。

・・・なので、下のような一緒に開花している写真は、ほとんど撮れませんでした。

今年は、開始時刻もスケジュールどおりで、途中の進行も順調に進みすぎたのか、予定よりもかなり早く(6~7分前?)に最後の打ち上げが行ってしまいました。

その為、フィナーレに入っていると気づくのに遅く、昨年のようなジャストタイミングな写真は撮れませんでした。(^^;
露出オーバーを恐れて、泣く泣くシャッターを閉じたら、一番上の花火がウニのように。(^^;

そして、以下が動画。
(私語が入っているため、音声は消去してます。)

▼前編

▼後編

窓の汚れの事はちょっと興ざめ気味(^^;で残念でしたが、それ以外の花火のプログラムや打ち上げの様子などは、コンディションに恵まれて例年以上に楽しめたと思います。

何よりも、お部屋でゆっくりくつろぎながら、窓の外にこれだけの花火を楽しめるなんて・・・とても贅沢な時間ですね。

今年も、7月の山下公園の花火大会の開催は残念ながらないようで・・・次の神奈川新聞の花火大会が待ち遠しいですね。(^^

| | コメント (0)

ホテルの客室から観た花火~その35

ホテルの客室から観た花火の第35弾は、ホテルミラコスタのバルコニールームから観た、ディズニーリゾート(ディズニーランド方面)の花火です。

▼バルコニールーム(ハーバービュー)は、ホテルミラコスタの中心部近くに、全部で6部屋あります。


▼ちなみに、青く囲った場所には、1泊50万円のイルマニーフィコ・スイートの客室が。
ピンク色で囲った場所には、サローネ・デッラミーコがあります。


▼客室内のレイアウトや備品などは、スーペリアルームと全く同じ仕様です。
(窓が全開放できるところだけが違います。)

実は、客室内ついては、私はテラスルームよりもバルコニールームの方が、
居心地がよく、使い勝手がいいと思っております。σ(^o^)

感じ方は人それぞれでしょうけれど。


▼これまで滞在した事があるのは、3305号室と3311号室。

この2つの客室の滞在記については、いずれ掲載公開の予定です。
(いくつかの写真を、先行公開的に暫定掲載した記事は、こちら。)


▼3311号室のバルコニーは・・・


▼他のバルコニールームのバルコニーよりも、少しだけ狭いです。


▼それは、このように外に向けた照明装置が設置されているからです。

それでも、この客室は、とてもいいと思いました。とても気に入りました。o(^o^)o
その理由は・・・書くと長くなってしまうので、また今度。(^^;


▼一方の3305号室。
1つ隣の3303号室との間に内ドアがある、コネクティブ仕様の客室でした。

2名で滞在したので、コネクティブな使い方はしてませんが。

客室に入った直後、小雨が降ってきたのですが、ここは、イルマニーフィコ・スイートのバルコニー部分が半分屋根代わりになってくれるので、窓を開け放ったままでも、雨が部屋内に振り込んでこないのは助かったり。(笑


・・・・で、ここからが本題ですが、
2つのバルコニールーム(ハーバービュー)から、夜の花火がどれだけ見えたかと言いますと・・・・


▼花火は、バルコニーから観た時、サローネ近くのこんな位置に打ち上がってました。

(時期や気象条件によって、打ち上げ位置が変わる事があると思います。この記事はほんの2例という事で。)


3311号室の場合は・・・・


▼こういう位置に立たないと、見えにくい。


▼こちらがその時、3311号室から撮った動画。
「クリスマス・ウィッシュ・イン・ザ・スカイ」です。

実は、もっと違う方向に見えると思っていたので、慌てて「えっ?どこどこ?」とやってしまったりした(^_^;ので、その部分はカットしてあります。この動画は、カメラのフレームワークが落ち着いた、途中から。(^^;

打ち上げの光の筋が見えませんし、もしかすると、一部低い花火が見えていないかもしれませんネ。(^^;
それでも、何とか「花火は見えている」と言えるのではないかと思います。


▼一方で、3305号室の場合。

こちらは、ほとんど、花火が見えません。
ホテルの建物が近すぎて・・障害物になっています。
たまに見えて、以下の写真の程度ですから・・・あきらめた方が良いかもしれません。


▼そういえば、2010年6月からは、バルコニールーム(ピアッツアビュー)が、販売開始となるのですよね。
さて、ここからは、花火はどのように見えるのかしら?
(方角的には、大丈夫そうだけど、2階という高さからだとどのくらい見えるかしら?)

滞在された方は、ぜひ、どんな感じだったか、教えて下さいネ。(^_^

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2010年8月 »