« ホテルの客室から観た花火~その38 | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その39 (#2.今回滞在した客室内の様子と眺望) »

ホテルの客室から観た花火~その39 (#1.抽選申し込み~当選編)

2010年8月14日(土)の東京湾大華火祭(花火大会)・・・は、初めてお台場のホテル日航東京の客室から観覧しました♪

ホテル日航東京からの花火観覧・・・といえば、2007年12月に客室のバルコニーから目の前に打ちあがった冬季の「お台場レインボー花火」を観て楽しんだ事はあります(その当時の観覧記はこちら)。

その時に撮った下の写真が、私が使っているPCのデスクトップ画像にしているくらいに、その時に見た景色を気に入っているのですが、夏の花火を観覧するのは初めての経験になります。o(^o^)o

東京湾大華火祭の観覧場所として、ホテル日航東京・・・といえば、

  • 東京湾大華火祭に協賛金を拠出しているホテルである。

    宿泊プランの料金は高くても、その一部は花火大会の運営に役立っているはず・・・というのは、観覧者としてもプチ喜ばしい事。
    ※湾岸の花火の見える客室を売るホテルの中には、残念な事に、協賛金を拠出しないけれど、花火の日に料金を上乗せした宿泊プランを出して、便乗商売しているところも多いのです。
  • 客室はすべてバルコニー付きなので、花火観覧時に花火の音も楽しめる。
  • 風下になるリスクが比較的少ない。

    打ち上げ場所に対して、南寄りの方角に位置しているので、風下の方向になる確率(=煙で花火が見えにくくなる確率)が、湾岸の他の場所にあるホテルや観覧会場よりも少ないかも?・・・と。
  • 花火とともにレインボーブリッジや東京タワーの景色も楽しめる。

    再来年からは、東京スカイツリーも見えるかも?
  • 視界が広く、花火が観やすい。

    湾岸に建っているので、東京湾・花火の方角に、視界を遮るビル・建物がない。

などの点において、かなり魅力的な観覧場所の1つと思っています。

しかしながら、これまで毎年のように、ホテルから「花火宿泊プランの受付のご案内」が郵便で届く (私は、ホテルの会員組織「ファウンテンズクラブ」の会員)にも関わらず、実は、これまで、この花火宿泊プランの抽選申し込みをした経験は、一度もありませんでした。

その理由は・・・

  • 花火の日の当日に、お台場に渡る事に対して、躊躇していた。

    毎年、花火が開催される時期に、東京ビックサイトでは、コミックマーケット(コミケ)が開催され、フジテレビも夏のイベント(お台場合衆国・・・昨年まではお台場冒険王)も大々的に開催され、さらに夏休みにお台場で遊ぶ観光客もあわさって、お台場は混雑ぶりは、平時に比べてものすごいのです。

    さらに、花火の日は、お台場海浜公園などから花火を観ようという人も多く、夕方前からは、新橋駅からゆりかもめに乗車できるまでに、1時間以上かかる・・など激込み状態になります。お昼間にタクシーでレインボーブリッジを渡るのも、とても混雑しそうですし・・・。
  • 距離が離れているわりには、一番安い(花火が見える)客室でも、料金総額が高いっ!

    打ち上げ場所から約2km離れている(コンラッド東京やザ・プリンス パークタワー東京などとほぼ同じくらい)わりには、ここでは、(花火が直接みえる客室タイプについては)2食が付いたプランしか販売しないので、料金の総額が高い。

    すぐお隣の、ホテル グランパシフィック LE DAIBAでも、42平米の花火が見える客室が、食事なしプランで5万円台/室で泊まれるので、やはり比較しても、2食付という違いがあるにしても、支払い総額がすごく高く感じますね。
  • 客室から花火が見える宿泊プランについては、毎年抽選申し込み式になっている。

    その受付開始が6月に入ってからで、当選発表も6月末まで・・・と、予約確定が出る時期が遅いので、夏の計画が立て難い。(他のホテルのキャンセル不可な宿泊プランの予約申し込みをどうしようかと迷ってしまう)

それでも、このホテルに滞在しての花火観覧する事への好奇心は、年々高まるばかり(^^;。

ついに、今年は落選も覚悟(=他のホテルの宿泊プランは予約せず)して、抽選申し込みをする事にしました。(^^;


※あとから当時の料金が参考になったりするので、あえて、2010年の料金表を載せておくと・・・



※いずれのプランも、花火が客室から直接見え、館内レストランでの夕食 + 朝食付き。

■レインボーオーシャンビュールーム 40平米

2名一室:130,000円
3名一室:170,000円

■ レインボータワービュールーム 40平米

2名一室:160,000円
3名一室:200,000円

■プレミアムオーシャンビュールーム 40平米

2名一室:180,000円
3名一室:220,000円

★追加オプション「スマイル らくらくパック」 +10,000円/1名

特典
1) 当時 7:00~15:00まで、「SPA然 TOKYO」を利用可
2) チェックインも、「SPA然 TOKYO」で実施
3) 11:30~ホテル内のレストランで昼食
4) 15:00~19:00に、専用スペースで波越指圧やフットマッサージを15分間利用可
5) 15:00までは「SPA然ラウンジ」、15:00以降は1F「ブルーブリーズ」で飲み物提供
6) 翌日も「SPA然」利用可

※らくらくパックは、レインボータワービュー または、プレミアムオーシャンビューを選択した場合のみ、オプションとして選択可能

★夕食レストラン: (以下から申し込み時に選択)

オーシャンダイニング(洋食)
タロンガ(洋食)
唐宮(中華)
テラス・オン・ザ・ベイ(洋食)
さくら(和食)

★夕食時間帯: (以下から申し込み時に選択)

1部 16:30~18:00
2部 21:00~

★朝食: (以下から当日に自由選択可)

オーシャンダイニング(洋食)/タロンガ(洋食)/さくら(和食)

★キャンセル:

1週間前より受付(7日前~4日前:20%、3日前~当日: 50%、無連絡: 100%)

※上記以外に、花火が見えない客室+ホテル内の特設観覧席で花火鑑賞 (+宴会場やレストランで夕食)や、花火が見えない客室+レストランやSPA然で夕食をとりながら花火鑑賞・・・のような、電話受付の宿泊プランもありました。


この中で、今回、申し込みをしてみたのは、一番安い「レインボーオーシャンビュールーム」。
お値段の事もありますから・・・・ネ。(^^;

参考までに、

  • この客室の素泊まり時の正規料金:56,000円/室。
  • 2名分の和食「さくら」の夕食+朝食の2食がついたこの客室の宿泊プランの正規料金:86,000円。

花火のイベントがないお盆休み頃の滞在(=ピーク料金)が、ちょうど上記の正規料金が適用される・・・と考えられますが、花火の日になると、さらに4万円以上の上乗せがある・・・という事ですね。(^_^;
もちろん、花火の日=レストランも特別メニューになっていたり、特製のうちわが配布されたり、大会の協賛金などもすべてここに含まれるのでしょうけれど。

さて、この客室の中で、レインボータワールームは、客室内から、かなり観やすい方角に、レインボーブリッジが見える客室。

それに対して、今回申し込みをしてみたレインボーオーシャンビュールームは、窓辺に寄ったり、バルコニーに出ないと、レインボーブリッジが見えない客室・・・・でして、公式サイトのこちらに紹介されているように、レインボータワールームを挟むようにして、2箇所のブロックに分かれて配置されています。

このレインボーオーシャンビューの左側のブロックには、花火が見えない客室もあるようですが、花火の見えないレインボーオーシャンビューの客室は、このプランの対象外なのでご安心下さい・・・との事でした。

上記プランの申し込み方法は、FAX(専用用紙) 又は ネット上のホテルの公式サイトの専用ページからの2種類。

客室・オプション利用の有無・利用人数・2名利用時のベッドタイプ(ツイン・ダブル)・夕食レストラン・夕食時間帯の選択をするようになっていました。

ところが、FAX用の専用用紙は、レストランの希望を第1~第3まで記載できるようになっていましたが、なぜか、ネット上の専用申し込みページでは、夕食レストランの希望は1箇所のみ選択が可能となっていました。

・・・・で、ふと申し込みの手続きをしている手が止まって、これは、もしや、応募されてきた全件を、まず レストラン別 ・時間帯の希望で選別してから、抽選するのだろうか? (もしそうだとすれば、レストランと時間帯の組み合わせによって倍率が変動?) と考え、ホテルの宿泊予約係に問い合わせたら、その通りという回答でした。(^^;

・・・・という事で、ネット上の専用申し込みページから申し込み時には、小さな子連れ家族が避けそうな選択をしてみました。(^_^;

■夕食時間帯: 21:00~
■レストラン: 和食「さくら」

私は、ホテルの会員組織「ファウンテンズクラブ」に属しているので、特典として、会員枠の先行抽選と、(先行抽選で落選した場合に)一般抽選の2度の当選チャンスが、与えられていました。

そして・・・・ビギナーズラック!?なのか、見事 当選する事ができました。\(^_^)/\(^_^)/

6月の中旬にホテルから当選の連絡が入りまして、今回は、どうやら、会員枠の先行抽選で、当選・・・となったようです。

▼ 8月に入ってすぐに、ホテルから、花火の日当日用の入館証が、2枚送られてきました。

ホテルのエリア内は、花火大会の当日の14時以降は入場規制がかけられ、この入館証を持っている宿泊者やレストラン予約者のみが出入りできる・・・というものでした。

実は、その後、やはり、前日からお台場入りして、ゆっくり過ごしたい・・・と思いが強くなり、結局、8月13日(木)・・・つまり、花火の日の前日も、このホテルの2食付の宿泊プランを予約し、結果的には、ホテル日航東京に2連泊・・・となりました。

しかし、、1泊目から詳細な滞在記事を書きはじめると、お食事関係の内容の記載がどっと増えて、連載が恐ろしく長くなってしまいます(^_^;ので、今回はそこをスキップして、花火大会の当日の様子を、引き続き記事にしていきたいと思います。

連載は、こちらに続く

|

« ホテルの客室から観た花火~その38 | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その39 (#2.今回滞在した客室内の様子と眺望) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルの客室から観た花火~その38 | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その39 (#2.今回滞在した客室内の様子と眺望) »