« ホテルの客室から観た花火~その37 | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その39 (#1.抽選申し込み~当選編) »

ホテルの客室から観た花火~その38

今年も、みなとみらいの神奈川新聞花火大会の花火を、ホテルの客室から鑑賞しました。

ホテルは2年ぶりに、ヨコハマグランドインターコンチネンタル。
みなとみらい地区のホテルの中でも、花火の打ち上げ場所から、最も距離の近いホテルです。

花火の打ち上げ場所とホテルの位置関係については、2年前のこちらの記事が参考になると思います。

予約は、1年前から受け付けていたようで、完全に出遅れ。(^^;
今年の3月末頃にホテルに問い合わせした時には、すでに予約満杯で、キャンセル待ちはすでに30名以上・・・と聞かされて迷ったのですが、とりあえずキャンセル待ちリストに入れていただきました。

そしたら、5月頃に、予約可能になったとの連絡がホテルからきました。\(^_^)/

客室タイプは、高層階のデラックスタイプ(正規料金は57000円)で、お値段は2名利用の素泊まりで一室1泊9万円。(^_^;)
今年の6月の横浜開港祭(平日)の日には、同タイプの客室に、15000円弱で泊まった事もあったのですが・・・(^_^;

今回、予約をお願いすると1ヶ月以内に支払い処理を済まさなければならず、その後は、荒天時の大会中止や延期が発生しても、宿泊料金は同額のまま。キャンセル料は予約時から100%)・・・と、通常の宿泊と比べ、かなり厳しい条件でした。

この料金は、今年が日曜日開催だから特別なのかしら?(2年前頃は、平日開催で正規料金+約1万円程度でしたので)・・・・と思ったら、どうやら来年(月曜日開催)も、この料金のままで行くようです。
(うーん、来年どうしよう。。。)

そんなわけで・・・大会当日まで、週間天気予報を見ながらそわそわハラハラ。(^^;
さらに7月に、百日咳の疑いもかけられるような酷い風邪をひいたので、それがきっちり治るかとハラハラ。(^^;

幸い、何とかいい天気になってくれました&体調も当日までに復帰し、ホッとしました。\(^_^)/

▼臨港パークは、花火が見えそうなところは通路をのぞき、ブルーシートで埋め尽くされている感じでした。

▼夕方頃になると、どんどん混んできました。

今年は、山下公園付近では、7月に短時間に小規模の花火しかあがらなかったので、その影響もあるかもしれませんね。

▼18時頃には、臨港パークに、入場規制がかかっていました。
  臨港パークに一番近いコンビニも、入場するための列が100mくらいできていました。

▼ここら辺も、入れなくなっていたので、駅から徒歩でホテルへ向かう人も苦労したはず。
今回の同伴者は、少し遅れて夕方に到着したのですが、何とか入場規制が入る前に通過できたみたいでホッ。

▼花火の台船はこんな位置にありました。(客室から約1km?)

※広角レンズをつけちゃったので、写真では、ちょっと台船が遠くに感じられるかもしれませんが、目視ではもう少し近くに感じられました。

▼前回、横浜開港際の時に直面していた事に、再び直面しました。(-_-;)

どうやら、あのホテルの建物を外から照らす照明は、特設ではなく常設のもののようです。
花火大会の翌日も、引き続き宿泊したら、やはり、同様に照明がついてました。

ぷかり桟橋の夜景の写真なんて・・・無理ですわ。(^^;

窓からの景色もウリのホテルなのに・・・照明でこんな汚れを目立つような事をやっては、逆効果なのでは・・・(^^;

今回は、花火が開始してまもなく、照明の一部が消され(客の誰かが、すぐにクレームをつけたのかしら?)、汚れは目立たなくなりましたが、数日レベルの汚れの蓄積にはみえなかったので、+3万円以上の特別料金をとるからには、やはり花火の日にあわせて、年間の窓の清掃スケジュールを組んでいて欲しいな・・・と思いました。

▼ところで、今回、2年前と少し違うのは、台船の配置されている向き

そんなわけで・・・台船の2箇所からほぼ同じ高さの花火があがると、2つの花火が真横方面からほぼ重なってみえてしまう事もありました。(少し残念! そんなわけで、2発同時の写真の掲載が、今回は少ないです。)

でも、そういう事をのぞいては、今年は、本当に、鑑賞も、撮影もどちらも楽しめました♪o(^o^)o

昨年の神奈川新聞花火大会(横浜のシェラトンホテルから鑑賞)は、風下で風が弱く、煙に泣かされました(花火弁当をやけ食い・・笑)が、今年は風向きにも恵まれました。

▼こちらは、日本煙火芸術協会の会員による尺玉作品(10発)

今回は、音声入り。窓を少しあけただけで、どのくらいの音が入っているかわかると思います。
(レリーズケーブルでシャッターをON/OFFしている音も入っちゃってますが。(^^;)

▼そして、その中の3作品の写真。 (動画とは、また少し違う印象ですよね。)

▼今年も、子供達の絵が、花火を使って夜空に描かれました。

写真はないですが、本当に、空から沢山の飴が降ってきていたり、ライトブルーの型物花火で沢山のイルカが夜空をジャンプしていたり、惑星のような花火で宇宙が描かれたり、それはそれは見事な出来でした。o(^o^)o
(本当に、イルカにはびっくり!)

▼そして、こちらが2尺玉。


▼写真は、毎年、あまり、うまく撮れないのですが。(特に彩色千輪)

▼こちらは、感動のフィナーレ(終盤 約3分)のシーン。

やはり、台船の向きから、花火が重なってみえてしまう部分もあって残念ですが、この、スローモーションでみているような、とてもゆったりとしたテンポでの打ち上げ方、盛り上げ方、私、大好きです。o(^o^)o

・・・・というわけで、今年も、盛りだくさんの内容を、目の前でゆったりとリラックスしながら、楽しめました。o(^o^)o
7月に体調を崩して、まだ体力が落ちていたので、今回本当に予約してあって良かったーと思いました。

|

« ホテルの客室から観た花火~その37 | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その39 (#1.抽選申し込み~当選編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルの客室から観た花火~その37 | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その39 (#1.抽選申し込み~当選編) »