« ホテルの客室から観た花火~その39 (#1.抽選申し込み~当選編) | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その39 (#3.花火観覧の様子-前編) »

ホテルの客室から観た花火~その39 (#2.今回滞在した客室内の様子と眺望)

ホテル日航東京の客室から東京湾大華火祭を観覧した話の続き・・・です。

連載第1回:抽選申し込み~当選・・・ は、 こちら


さて、前回の記事の最後に少し書いたように、このホテルには、結局2連泊しましたので、チェックインはすでに前日(8月13日)に行い、潮風公園側の客室に1泊してました。花火の日の当日は、客室の移動のみとなりました。

そんなわけで、前日(8月13日)のチェックイン時には、下の写真のような、ファウンテンスクラブ会員およびスイートルーム滞在者が、チェックイン手続きなどを行う為の専用ブース(同時に2組が利用可能)に案内され、

椅子に座りながら、ゆっくりとチェックイン手続きを行い

おしぼりや、ほんのり甘いアイスハーブティも出てきたのですが、


(ハーブティーですが、クセがなく、すっきりした味わいで、ハーブティがどちらかというと苦手な友人も「美味しい」と飲んでました。)

8月14日の当日は、この専用ブースのエリア内に、白いクロスを敷いたテーブルや椅子がいくつか運びこまれていて、チェックイン客の混雑緩和対策をとっているような、いつもの優雅な感じとはちょっと違った雰囲気のエリアとなっていました。

この日は、交通移動の混雑(夕方から運休になっているバスなどもあるので)をさける為に、やはりいつもよりは、チェックイン開始時刻にお客さんが集中していたのでしょうね。ホテルエリア内は、14時より、宿泊やレストラン利用者以外は入場規制がかかっていましたが、それでもロビー付近は、人が多くかなりざわついている印象でした。

この日滞在したのは、レインボーオーシャンビュールームのツインタイプの客室。

アサインされた客室の位置は、このあたり。

今年の3月に滞在した客室(同じくレインボーオーシャンビュールーム)よりも、さらに少しフジテレビ寄りの客室でした。

客室内は、3月に滞在した客室とほぼ同じ(レイアウトや家具の配置が左右逆なだけ)でした。
今回は室内の写真をあまり撮っていないので、3月滞在当時に撮った写真を少し混ぜて紹介しますと、室内は以下のような感じでした。

室内レイアウトは、公式サイトのこちらに紹介されてますね。。

約40平米の広さで、2名でのんびり過ごすには、充分の広さでした。
リニューアル後は、荷物を置くスペースなども使いやすくなり、ライティングデスクも使い勝手がよく、ベッドも寝心地がよく、居心地がよかったですね。

バスルームには、バスローブが。この客室タイプでは、標準品のようです。
(前日滞在した、パークビュールームには置いてありませんでした。)

下の写真のバスアメニティの他に、別のところに基礎化粧品3点セットも置いてありました。

客室に入った時、ベッドの上には、うちわが2つと、花火大会のプログラムが置いてありました。

このうちわの裏側には、ホテル日航東京の文字もプリントされていました。(つまり、ホテル特製)
花火プラン利用者のみに、進呈しているものだそうで、持ち帰りも可・・・とのことでした♪

花火大会の日は、湿度も高い猛暑の日でしたので、さっそく役に立ちました。(^^)

今回の客室からの眺望は・・・

ほぼ正面方向に、建設中の東京スカイツリーがボンヤリ見えていました。

今回の滞在中は湿度が高く、視界が少し霞んでいて、東京スカイツリーも少し見えづらかったです。
参考までに、3月に同客室タイプからは、晴天下に、東京スカイツリーも、よく見えていました。

そして、少し右の方を向くと、アクアシティーお台場や、フジテレビの建物がみえました。

そして、レインボーブリッジや東京タワーは、斜め左の方角に見えました。

こうしてみてみると、「レインボーブリッジや東京タワーを見るなら、やはり、この客室タイプより、レインボータワービュールームの方が良さそうだ」と思われる方もいらっしゃるしれないですが、レインボーオーシャンビューのフジテレビ寄りの客室で、いいなーと最近感じていることは、東京タワーの足元がよく見える・・・というところです。

・・・・というのは、客室の位置が、潮風公園寄りになればなるほど、東京タワーの足元がビルに隠れて見えづらくなるからです。レインボータワービュールームに泊まっていても、東京タワーの足元が見えづらい客室もあるのです。

そんなわけで、今回の客室からは、花火のみならず、レインボーブリッジも東京タワーも(足元まで)、よく見えたので、とても満足できました。o(^o^)o


(花火が終わった直後には、東京タワーは、ダイヤモンドヴェールのライトアップを行ってました。沢山の屋形船が高速で移動開始しているのも、写ってますね。)

少し焦点をボカすと、ダイヤモンドヴェールの色も、よくわかりますね。
この日は、上=ドリーム・ピンク、中=プラネット・グリーン、下=アクア・ブルー の3色でした♪


バルコニーに出て、少し下の方向に目を向けると・・・・

いつもは、通路となっているところに、花火観覧用の椅子がびっしり並べられていました。

花火が見えない客室に、この日花火プランで滞在する場合は、ここから花火の鑑賞ができる・・・というわけです。

また、「SPA然 TOKYO」のリラクゼーションラウンジのテラスも、普段は、こんな感じなのですが、

花火の日だけ、特別に、ポートビュールームに宿泊しながら、夕食を17:00~19:00の間に「SPA然 TOKYO」のラウンジでとり、その後、テラスに移動して野外鑑賞席で花火鑑賞・・・という18歳以上限定の、2食(夕・朝食)付きのプランが売り出されていて、その座席が下の写真のように準備されていました。

ちなみに、上に書いた、SPA然 TOKYOの2食付宿泊プランは、今回自分達が利用した、レインボーオーシャンビュールームの2食付プランと、同料金でした。
・・・という事は、SPA然 TOKYOのラウンジで出た夕食は、かなり充実しているのかしら?・・・と想像するのですが、内容がどんなものだったのか、興味ありますね。(^^)

一方、ホテル周辺の観覧場所は・・・

展望デッキの付近は、写真のように、場所取り可能なところは、レジャーシートが貼られてましたが、意外にも、アクアシティーお台場につながる遊歩道から先は、夕方以降規制がかかって全く通れなくなったり、展望デッキの海寄りの部分は、先端が完全な入場禁止で、途中までも行けるものの、座り見禁止な場所となっているようでした。
(重量的に耐えられないのかしら?)

そして、遠くには、お台場海浜公園の砂浜が見えてましたが、写真のように、花火がよく見えそうな場所は、すでに場所取りしている人でビッシリでした。


(この時期、海上には、キティちゃんの販促展示物が浮かんでましたネ。)

そして、客室からは、海上の花火の打ち上げ台船が、下の写真のようにみえていました。

今回、バルコニーに出て鑑賞する事も考えてましたが、当日は夕方になっても湿度が高かったので、窓は空けつつも、室内から座りながら鑑賞してました。

今回、一緒に滞在した友人は、写真を撮らない人なので、ビデオの撮影に少し協力してもらえる事に。

そんなわけで、花火開始を前に、椅子とビデオカメラとデジカメを、以下のようにセットしました(^_^

ちなみに、自分達の客室は、(以前滞在した時のリクエストがそのまま今回も反映されて、)上の写真のようにバルコニーに、屋外で使うような椅子とテーブルのセットがあらかじめセットされてましたが、他の客室では、これらのアイテムは客室の標準装備品ではないので、他の周囲の客室の宿泊者は、花火観覧時にどうしていたかと言いますと・・・、客室内の椅子やテーブルをそのまま、バルコニーに運び出しているところが沢山。(^_^


花火開始の時間が近づいてくると、海上に屋形船が沢山出てきてました。
花火がはじまった頃には、皆、橋の向うに、移動しちゃいましたが。(^_^

・・・・で、今回、大ボケな事に、デジカメの方の三脚の置く位置が、微妙にズレてました。(^^;
(台船の位置がわかっていたはずなのに。(^^;)

そんなわけで、花火の打ち上げ開始が始まった直後、ちょっと慌てました。(^_^;
(狭いスペースの中に、三脚が2本置いてあるので、簡単にズラせないのです。)

最初の方の、綺麗な打ち上げをデジカメに写せなかったのは少々残念。(^^;

次は、花火の観覧の様子です。

連載は、こちらに続く

|

« ホテルの客室から観た花火~その39 (#1.抽選申し込み~当選編) | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その39 (#3.花火観覧の様子-前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルの客室から観た花火~その39 (#1.抽選申し込み~当選編) | トップページ | ホテルの客室から観た花火~その39 (#3.花火観覧の様子-前編) »