« ■[プチ滞在記] ホテルグランヴィア京都 (その2) | トップページ | ■[プチ滞在記] ホテルグランヴィア京都 (その4) »

■[プチ滞在記] ホテルグランヴィア京都 (その3)

ホテルグランヴィア京都のプチ滞在記、連載その3です。

※連載その1は、こちら
※連載その2は、こちら

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

<専用ラウンジの様子>

今回滞在した客室は、「グランヴィアフロア」という名の特別フロアに属する客室。
・・・という事で、滞在の特典として、15階にある専用ラウンジ「グランヴィアラウンジ」を利用する事ができました。
グランヴィアラウンジを利用できるのは、14階と15階の全客室、および各フロアのセミスイート以上のグレードの客室・・・のようです。

専用ラウンジは、南側の、下のフロア図ではの位置にありました。

実は、少し前までは、専用ラウンジは北側に配置されていたのですが、今回の開業10周年のリニューアル事業により、フロアの南側に拡張移転したようです。

これまで、71平米(15席)であったのが、拡張移転して136平米(34席)・・と、2倍近く広くなったようです。
ただし、専用ラウンジの利用の特典の対象となる客室も、65室→100室と増えたようですので、拡張して混雑度が半減した・・・というわけではないようです。

専用ラウンジには、以下の機能が備わっていました。

  • レセプションカウンター
  • コンシェルジュカウンター
  • ドリンクカウンター
  • ミーティングスペース(8席)
  • LANアダプター付きワークカウンター
  • パソコンブース(2席) ←24時間対応

営業時間は、7:00~20:00まで。(今回のリニューアルで、多少営業時間が延びたようですね。)

ただし、他のホテルの特別フロアの専用ラウンジとは異なり、朝食の提供やアルコールの提供などのサービスは一切行ってませんでした。(2008年8月現在)

入口を入ったところです。

写真は撮ってませんが、右側には、パソコンブースが2席分ありました。
こちらは、24時間いつでも利用できるように開放されていて、片方は日本語環境のWindowsPCが、もう片方は英語環境のWindowsPCが設置してありました。

その奥が、7:00~20:00まで営業しているスペースです。

コンシェルジュカウンター(右手前側)と、レセプションデスク(左奥側)です。
コンシェルジュカウンターは、ほぼ常時、スタッフの方がいらっしゃいました。

レセプションデスクは、現在はチェックアウト手続きのサービスのみ行ってますが、将来的にはチェックイン手続きのサービスにも対応予定であると、ホテルのプレスリリースには記載されていますね。

これ以降は、ラウンジ利用者が自由に座れるスペースの写真です。

奥に見える壁に向かった4席は、LANアダプタ付きワークカウンタです。
ノートパソコンを持ち込んで、飲み物を飲みながら、ゆっくりお仕事したりする場所なのでしょうか?

狭くもなく広くもなく・・・という感じでしょうか?
ワークカウンタの部分を除けば、10~12組程度の方が座れる感じです。
(朝食サービスやアルコールサービスがないので、これで足りてしまうのかも?)

窓際の席は・・・窓辺に張り付けば、電車ビューが少し楽しめます。
(客室のバルコニー越しにみるよりは、視野が広く、みやすいかも?)


このソファは、すわり心地も良く、くつろげました♪

こちらは、「ミーティングスペース」と呼ばれているところ。
通常は、開放されていて、他の席と同じように、自由に座れるようになってましたが。
奥に本棚があり、主に京都に関連した書籍や写真集などが置いてありました。


新聞や雑誌も置いてありました。
雑誌は、京都を特集した記事が掲載されている雑誌や、地元の雑誌などが多めでした。
観光や飲食、お買い物の情報源として、有難い雑誌のラインナップという感じでした。

ところで、写真を掲載する直前になって気がつきました。
雑誌のワゴンの下段の一番左の雑誌の表紙、花火写真だわ~。
花火好きの私としましては、今更ながら、何の記事が掲載されていたのか、気になりますぅ~(^_^;

次は、ラウンジで提供される飲食についてです。

連載その4に続く

|

« ■[プチ滞在記] ホテルグランヴィア京都 (その2) | トップページ | ■[プチ滞在記] ホテルグランヴィア京都 (その4) »