« ■[ホテルスイーツ] ザ・ペニンシュラ東京の「ヤミー」 | トップページ | ■[ご挨拶] 新年のごあいさつ »

■[ひとりごと] バスペタルでバスタイム♪

ホテル滞在時のお楽しみのひとつと言えば、
ゆったりサイズのバスタブでくつろぐバスタイム♪o(^o^)o

私の場合、いろんな入浴剤を持ち込んで、泡風呂を楽しむ事が多いです。

・・・で、今回は珍しく、バスペタルを4種類持ち込んでみました。

「アナと雪の女王」シリーズです。(^_^
1袋で、約300円くらいします。

パッケージを裏返してみると・・・

4種類のうちの1つの中身を空けてみると・・・

こちらは、「イノセントブーケ(アナとエルサ)」。
濃いめのピンク色の花びらと、淡いピンク色の雪の結晶が入ってました♪

その他にも、下記のように、色が異なる花びらと雪の結晶が入っていて、各々で香りがいろいろと違いました。

ノーブルブーケ(エルサ)」: 青い花びらと水色の雪の結晶
ファンタジーブーケ(アナ)」:サーモンピンク色の花びらと淡いピンク色の雪の結晶
ガーデンブーケ(オラフ)」: オレンジ色の花びらと黄色い雪の結晶

・・・で、この「バスペタル」なるもの、ひつまぶしのように「3度美味しい」・・とまでは行きませんが、「2度楽しめる」・・・がうたい文句でもあります。

使い方としては、まずはお湯を張ったバスタブの中に、バスペタルを入れます。

・・で、入れ始めたのですが、なんか一袋の量だとスカスカで寂しい・・・という事で、え~いっと、一気に4袋分、全部入れちゃいました♪ぉぃぉぃ (香りごちゃまぜ☆)

バスペタルは水分を吸うと、スッと溶け始めました。(^^;

入れた直後に写真撮って、すぐ湯船に入ったのですが、湯船にすっかりつかる頃には、花びらや雪の結晶が、もう端から溶け始めて、形を成さないものもチラホラ。(^^;

自分が先にバスタブに入ってから、自分の周囲に、バスペタルを撒く方がいいかもしれません。

ただ、バスペタルがすぐに溶ける事が不満か・・・というと、そういう事はありません。

・・・というのも、昔、「すぐには溶けない」バスペタルを入れたら、中途半端な溶け方に、後で湯船の掃除が大変になっちゃった経験があるので。(^^;

湯船の栓を抜いたら、バスタブのあちこちにドロドロになったバスペタルの塊が付着しちゃって。
そんなわけで、バスペタルが、サッと溶けて行くのは正しいあり方だと思います。(^^;

・・・で、バスペタルが溶けかかった状態のところに、シャワーで勢いよくお湯をかけると、ブクブクと泡立って、写真のように泡風呂が楽しめます。

ただし、2度楽しいけど、2つめのお楽しみに至るまでの過程がちょっと面倒ですね。(^^;

1度目のバスペタル楽しむ→一旦シャワーブースまで行って体についた石鹸洗い流す→バスローブ羽織る→シャワーでお湯を注いで泡風呂作る→バスタブ入て、泡風呂楽しむ

・・・なので、あまり優雅じゃない・・ですね。

やはり、「泡風呂剤を入れて、お湯を張る←自然に泡風呂が出来上がる」の方が優雅ですよね。(^^;

良い経験になりました。(^^;

|

« ■[ホテルスイーツ] ザ・ペニンシュラ東京の「ヤミー」 | トップページ | ■[ご挨拶] 新年のごあいさつ »